のぼり旗の購入 品質 納期 注文枚数 寿命 サイズ オフィス用 コピー アドバイス 即日 ショッピングモール よくある失敗 サイトマップ

のぼり旗の通販購入について

のぼり旗の発注でよくある失敗

のぼり旗を注文するときによくある失敗として、のぼりの強度に関した知識が不足していて選択ミスをすることです。
のぼりは設置する場所によりかなり強風に曝されるので、形が崩れてきて
周りの人から良く見える状態でなくなることも珍しくないです。

最悪になると強風で通行人に危害を与えてしまう恐れもあって、機能を果たせないばかりかマイナスイメージに繋がります。
すると宣伝効果もほとんどなくなって、これを防ぐためには強風でもずれにくい仕様ののぼりを選ぶことが大切です。

のぼり旗には袋縫いという袋状になっているところへポールを通すようになっているタイプもあります。

縫い方の形状

これだと強風でまくり上がるのを防げてとても便利で、強度も土台になる注水台も
安定感の良い物を選ぶことでひっくり返ってしまう危険もなくなります。

また、あまりにも風が強く当る場所へ設置することは、いくら宣伝になって目立つところでも
おすすめ出来ないため、最初にどの設置場所が安全で尚且つ効果的に宣伝が出来るかで見極める必要があります。

失敗しないのぼり旗製作は京都のれん

京都のれんは自社工場を持たないメーカーで、一つの製品を作るまで分業が進んでます。

例えば、布製品だと原材料から生地織、精錬や前処理に染織、カットや縫製など工程一つ一つを各工程のプロへ依頼して一つの製品を作ってます。
この会社の企業理念はお客のために出来ることを考え続けることで、工場があると理念が形に出来ないとしてます。

例えば要望に応える技術を知っていても自社でないと提案出来なかったり、工場運営で
簡素化やスムーズにさせるためにやり方に固執する、工場の管理に集中して
研究開発が出来なくなることを防ぐためです。

暖簾と風呂敷を作ってきたメーカーですが、今ではのぼり旗やテーブルクロス、タペストリーなど幅広く製作してます。
勿論オーダーメイドにも対応しているので失敗しないのぼり旗が製作可能です。

失敗しない

核技術の特徴も理解していて要望に応じるために客観的な目で、形作っていく会社です。
他では満足できなかった場合でも、京都のれんなら最適な物を作ってくれます。